メインコンテンツに移動

寒い夜だから 明日を待ちチョリソ

皆さんこんにちは、けんきちです。

寒い日が続きますが、体調いかがでしょうか。やはり寒い夜には温かい食べ物や辛い食べ物が恋しくなりますな。

私は辛いものが好きで、出先で見つけては買い漁る日々を送っております。

中でもチョリソーは大好きで、辛そうなものがあれば買ってみます。

もちろん良いお値段の、

ブリンッブリンの興奮するくらいデカいモノも好きですが、

スーパーに売ってる比較的お求めやすいモノも大好きです。

ちなみに「チョリソー」は辛いソーセージのことだと思ってましたが、本場スペインでは「chorizo(チョリゾ)=しょっぱい、塩辛い」という意味らしいですわよ、奥さま。

んで、この前いいモノ見つけましたわよ。

””

やみつきになる爆発的な辛さ!

旨爆辛チョリソー!!

これはいいですよ。

まず「旨爆辛(うまばくから)」という単語が初耳ですもんな。

この手のものは意外とそうでもない事も多いんですが、チョリソーでじんわり汗ばんだのは初めてでした。

フライパンで焼いてると煙が辛いです。

焼くのが怖い人はチンしよう。それでも全然うまいから。

 

ちなみに同じメーカーから

””

””

刺激的な辛さがたまらない!旨激辛チョリソー

激辛チョリソー 辛さ刺激的!

が販売されているので注意されよ!

 

ではここからは教室のホットな作品たちを紹介するんだぜ。

まずはこちら。(最近スマホを変えたら、やけにオシャレな写真が撮れるようになりました。)

””

””

象嵌土鍋。

鍋用の耐熱粘土(赤土)で象嵌を施しました。削り作業の後、模様を彫っておき素焼き後に白化粧土。あえて少し拭き残すことで、綺麗すぎず良い意味で使い古したような風合いに。冬の味覚を楽しんで下さい。

 

続いてはこちら。

””

木魚・・・

ではなく焼き締め花器。

一輪挿しのような花器を横に倒し、割れたような切込みをいれました。一輪挿しの口をそのままにしたことで水はそれほど入りませんが、

「こいつ、もともと普通の花器だったんだぜ・・・信じられないだろ?」

っぽさが出て良いですよね。

 

最後はこちら。

””

烏天狗。

なぜ?

と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、

好きなものを作るのに理由なんていらないのよ。

心配していたバランスも問題なく、どっしりとしています。山伏風の衣装もばっちりです。この烏天狗様は体長が約20cmほどですが、なんと試作品。もっとスケールアップして本番に臨みます。

私も牛若丸のように鞍馬山で心身共に修行を受けたいもんですな。

 

さていかがでしたでしょうか、今日の「上尾ホットトピックス☆!」のコーナー。

今後も生徒の皆さんにチョリソって…いや、寄り添って楽しい教室にしていきます。

けんきちでした。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
画像CAPTCHA
画像内に表示されている文字列を入力してください。