メインコンテンツに移動

もう冷たい麺しか食べない

皆さんこんにちは、けんきちです。

あっつい日が続いてます。

生徒さんと会うと毎回のように「おはようございます」のあとは「あっついすね」です。

本当は毎日冷たい麺を食べたいんですが、私はご飯の時に「温かいおつゆ」が欲しい人間なのでお弁当+味噌汁代わりのカップラーメンかカップそばを食べます。

いや、「スラムダンク」の合宿時の桜木花道か。

花道はそれにコロッケやホイコーローを付けるんですけど。

 

そんなわけで、早速作品紹介参ります。

””

レース皿。

技法としては「布目」という、麻布や目の粗い布の模様を押し付ける基本的なものですが、レースやランチョンマットを押し付けることで一段と華やかになります。

もちろん透明感のある釉薬を掛けてもきれいですが、素焼き後、布目部分に呉須や弁柄、下絵具などをすりこんでも落ち着いた雰囲気でいいですね。

これは信楽の白土ですが、白信楽や半磁土、逆に赤土や黒土に白い絵具でもいいかもしれませんな。

続いてはこちら。

””

一見シンプルな黒マットのピッチャーですが、

””

高台周りに「いっちん」を施してあります。

前回の私のブログで紹介した「珪酸ソーダ」を覚えてますでしょうか?

作品の表面にヒビを入れる装飾に使用しましたが、この「珪酸ソーダ」は磁土や半磁土にごくごく少量混ぜることで非常に伸びの良い「泥漿」を作ることができます。いっちんが今までより格段にやりやすく、きれいにできますのでぜひ、教室の担当講師とご相談の上やってみてね。

当教室では「紗々」または「雪の宿」と呼んでます。

他の作品例もどうぞ。

””

””

必ず生乾きの状態でやってくださいねー。

 

 

今日は作品紹介はこれくらいにして私が休みのたびに食べている冷たい麺をご紹介します。

もう暑すぎて休日の昼はだいたいコレを食べてます。

””

その名も

「けんきち特製サルサパスタ2021サマー~トマトのウキウキ仕立て~」。

すっぱ辛い麺好きのかたはぜひやってみてね、以下レシピです。

パスタ(細目がいいけどなんでもいい、なんなら素麵でもいいしうどんでもいいし)・・・1人前

玉ねぎ・・・1/4個

ズッキーニ(なくてもいい)・・・1/4本

トマト・・・プチトマトでも黄色でも大きいトマトでもなんでもいいので好きなだけ

A:オリーブオイル、酢(レモン汁でも)、チューブにんにく、黒胡椒、塩、タバスコ(ポイント)・・・好きなだけ

 

①玉ねぎとズッキーニはみじん切り。玉ねぎは水にさらして、ズッキーニはラップして1分チン。

②トマトは食べやすいの大きさに切る。

③ボウルにAの調味料をウキウキしながら好きなだけ入れて、①と②も入れて混ぜ混ぜしてキンキンに冷やす。

④茹でて冷水でしめたパスタか素麺かうどんを絡めてウキウキしながら食べる。

ポイントはソースもパスタもキンキンに冷やすことです。もうなんならソースは冷凍庫に入れて凍る直前くらいがいいです。

パスタをレンジで茹でる道具を持ってる方は火も使いませんので暑い時期にはいいですぜ。

 

さて暑すぎて後半はレシピ紹介になってしまいましたが、たまにはいいでしょうかね。

皆さんぜひやってみてね、布目もいっちんもパスタも。

 

では今日はこの辺で、けんきちでした。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
画像CAPTCHA
画像内に表示されている文字列を入力してください。