メインコンテンツに移動

関東はもうすぐ梅雨になりそうです

皆さんこんにちは!みなみ野陶房のせんのです。

最近夏と間違うような暑い日があったり、スコールのような大雨が来たりと、梅雨に入る前から真夏のような日が多くなってきました。。。。

皆コロナの影響でマスクを常時着用していますが、マスクのせいで熱中症になったり、水分補給がおろそかになって脱水症状になる人が増えているみたいですね。

しっかり水分補給してしっかり食べて体調管理をしつつ、元気に過ごしていきましょう!

 

さて、緊急事態宣言が終わりましたが、まだまだコロナ感染のリスクで復帰が出来ていない生徒がいる状況が続いております。

今回はそんな中でも、来てくださっている生徒さんたちの作品紹介や新たに教室に設置した見本の写真を載せていきたいと思います!

まずはこちら↓

””

””

イッチンで枠取りした中に絶妙に調色した下絵具を入れて、とても柔らかい雰囲気に仕上げた作品です!

イッチンは家でじっくり何度もやり直しながら描いたようですごくバランスが良くとてもいい絵になりました。

 

お次はこちら!↓

””

半磁土で丁寧に作った壺にマスキングテープとプリンターなどで使うラベルシールを切り取り、うまく組み合わせて、きれいなパターン模様に仕上げた壺です!

テープの丁寧な張り方と吹き掛けで均等にかかったルリ釉と透明釉が、製作者の性格が出ている作品となっていますね!

 

生徒作品の最後はこちら↓

””

アマビエちゃんです!ブログでもいろいろなアマビエが上がっていましたが、こちらも負けずにあげていきます(笑)

色の組み合わせがものすごく上手くて、本人は適当にやっているといっていますが本当に私も教えてほしいぐらい良いセンスしてます!!

髪もステンドグラスのようなタッチですごくおしゃれな雰囲気!

本当に素晴らしいのですが、どうしても私この子を見るとウルトラマンセブンに出ていたガッツ星人を思い出してしまって笑ってしまうんですよね(笑) わかる人いるかな…

 

さて最後に新しく作った見本を少し載せていきます。

””

左から

使用土:信楽赤  釉薬:中:白マット 外:乳白、ルリ、織部、アメ

イッチンで枠取りし、その中に筆で釉掛け、その後塗った釉薬の上にはっ水をし、中に白マット釉掛け

 

使用土:信楽赤 釉薬:黒マット 下絵具

下絵を描いたところにはっ水をし、その後全体に黒マット釉掛け

 

使用土:ミカゲ赤 釉薬:白マット

はっ水で模様を描いて白マット釉掛け

 

今回は3つ紹介しましたがまだまだいっぱい新しい見本を作ってありますので、教室に来た際は是非見てくださいね!

 

ということで今回はこの辺で!

まだお休みしている生徒さんたちにも早く会いたいと思いながら、今日も元気にやっていきます!

それではまた!!

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
画像CAPTCHA
画像内に表示されている文字列を入力してください。