メインコンテンツに移動

秋がきた

こんにちは、発寒陶房のかねこです。

近頃はだいぶ涼しくなり、過ごしやすいですね!

夜は寒いくらいですが・・・風が流行っているようなので気を付けたいです。

 

 

 

 

 

 

先日、札幌芸術の森での登り窯焼成が終わり、発寒陶房の生徒さん方の

作品も無事焼き上がりました。

 

登り作品

 

粉引の作品。赤土に化粧土で景色を付け、透明釉をかけています。

化粧土や透明釉の掛け方や量、そして焼成の際灰がかかることによって

様々な表情が出てきます。一つ一つ、風合いが異なるところが面白い

ですね。

 

 

 

 

 

 

 

そしていつもの生徒さん作品紹介!

 

急須

急須を作り始めて3年の方。もう30個以上は作ってきたのではないでしょうか。

構造やパーツのバランスをより精度の高いものにするため、作り方や道具を

工夫して楽しんで作り続けていらっしゃいます。いつか究極の一品、見せて

いただきたい!

 

 

ボウル

使いやすいサイズのボウル。外側の模様は数種類の粘土のドべで

塗り分けてあります。土の風合いが癒しをくれる、ほっこりした作品です!

 

 

 

 

 

季節柄、教室では秋を意識した作品が増えています。

教室でも見本をご用意していますのでご参考にどうぞ!

秋の皿

 

ハロウィン見本

 

 

 

 

 

 

秋も陶芸が楽しくなりそうですね!

それではまた♪

 

 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
画像CAPTCHA
画像内に表示されている文字列を入力してください。