メインコンテンツに移動

登り窯ワークショップin釧路の報告とin帯広のご案内!

お久しぶりです、お元気にお過ごしでしょうか。

暖かいとはいえ、日が沈むとまだまだ寒いですね。

体調崩さないように、お気をつけてくださいね。

 

先月の5月25日 釧路町で下沢先生の登り窯のワークショップを行いました。

40名の皆さん(厚岸、標茶、鶴居村、根室、阿寒からもご参加いただきました)が

朝早くからご参加くださいました。-ありがとうございました-

最初に、下沢先生の手びねりと電動ろくろのデモンストレーションを見ていただきました。

皆さん熱心に、またくいいるように見てくださいました。

視覚障碍者の方のために

                 手びねりで茶碗を作っているところですね。

視覚障碍者の方のために

              手びねりと電動ろくろを組み合わせて花瓶を作りました。

  この後、急須や徳利の作り方を堪能していただき、いよいよ皆さんの制作時間です。

  そして約2時間ほどで、思い思いの作品が沢山出来上がりました。

  現在、皆さんの作品は素焼きが終了し、9月の登り窯の窯に入るのを待つばかりです。

  今年もお手伝いしてくださいました高野さん、サポートしてくださいました皆さん本当に

  ありがとうございました。皆さんのおかげで無事終了することができました。

  心より感謝申し上げます。そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

  さて、釧路の次は帯広に参ります。

  日程は下記のようになっておりますので、ご興味のある方は、是非ご参加ください。

  もちろん初心者の方でも大歓迎です。

                                           

  会場 百年記念館 

  日時 2019年6月16日(日) 10:00~

  定員 30名

  料金 1900円 /kg  

  申込先  北海道陶芸協会事務局  TEL011-611-1805

視覚障碍者の方のために

          登り窯で焼成した完成作品(粉引)

 以上 ui でした。

 

  

  

 

 

  

  

  

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
画像CAPTCHA
画像内に表示されている文字列を入力してください。