メインコンテンツに移動

すっかり冬の空気

皆さんこんにちは、けんきちです。

札幌はいよいよドカッと雪が降ったようで、皆さん運転にはくれぐれもお気をつけ下さい。

こちら埼玉もつい先々週までは20℃を超えて半袖でも大丈夫な陽気でしたが、ここ1週間くらいで一気に冷え込んできました。

といっても最高気温が16℃くらいありますので、北海道の方からすると

「しゃらくせぇ!んなもん夏だべや!」

とお思いでしょうが、5年半住んで慣れてきてしまった私はしっかり寒いです。

でも夏の暑さには一向に慣れません。

 

今回は10月31日~11月6日に開催していた教室作品展のご紹介です。

受賞作品をすべて紹介すると長くなってしまいますので、今回はDCMホーマック社長大賞と下沢先生賞のご紹介です。

今回はちょうど作品展開催中に下沢先生のワークショップが開催されましたので下沢先生にもしっかりと審査して頂くことができました。

 

まずはDCMホーマック社長大賞!

””

写真提供:Nさん

大賞は登窯焼成による、「粉引しのぎ皿&碗」。

薪窯焼成の雰囲気に加え、「しのぎ」と「粉引」も相性がバツグンですよね。

単体で見ても色むらやぼんやり発色している御本手のような淡いピンクも非常に良いですし、鮮やかな色彩の

料理を盛っても映える作品ですよね。

私も札幌まで窯焚きに参戦した甲斐がありました、おめでとうございます!

 

続きましては下沢先生賞3点!

””

写真提供:Nさん

陶のスピーカーです。

以前販売していたものの、すぐに販売が終了してしまった作品のオマージュだそうですが、網の部分ももちろん陶器。

網にはマグネットを接着しており、容易に着脱可能です。

この方の作品はいつもそうですが、非常に繊細で緻密なものが多いんです。

実はスピーカーを作っている方がもう1名いまして、このままスピーカーを作る方が増えてきたらどうやって展示しよう。

とハラハラしてます。

 

お次はコチラ。

””

写真提供:Nさん

かわいらしい6体のお地蔵様。

お子さんたちの健康を願って6体作られました。赤い涎掛けももちろん自作で、愛嬌たっぷりの顔をしてますね。

笠がずれちゃってるのもご愛嬌というところですな。

あ、頂いたサトイモはおいしく芋煮にして頂きました!

 

さて下沢先生賞3点目はコチラ!

””

こちらは上尾教室に通っている生徒さんはもれなく目にしているであろう作品です。

70cmくらいの高さがあり、インパクトもさることながら

用途が「傘立て」

というところがいいですよね。

周囲にも特徴的な顔やウロコがびっしりと貼り付けられており、作品だけ見るとなかなかクレイジーな作者を

想像しがちですが、ごくごく普通の女性なのでそのギャップがまた面白いです。

「意外と普通の人なんですね!」

って本人に言ってる生徒さんもいましたね。

 

さて、今回は大事なお知らせがもう一つ。

””

私、剣吉雄也の作陶展と上尾陶房開講5周年を記念した展覧会を開催します!

 

剣吉雄也 作陶展 同時開催 クレイスペース上尾陶房5周年記念作品展

会期 2018年12月7日(金)~12月12日(水)

    10:00~18:00(最終日~16:00)

会場 上尾市民ギャラリー

入場無料

 

札幌、帯広、八王子、また札幌、埼玉といろいろな教室を担当させて頂いてきましたが、この上尾陶房の5年が講師に

なって1番長く担当しています。これは5周年の節目に何かしたい!と昨年から企画を練っておりました。

私、剣吉雄也と生徒さんの合同展示となります。

私は器を中心に、生徒の皆さんは器からオブジェまで幅広くバラエティ豊かな展覧会となります。

会場となる「上尾市民ギャラリー」は、上尾駅直結でアクセスもバツグン!

生徒さんのお友達、ご家族、ご親戚はもちろん、

羽田空港からも高速バスとJRで2時間あれば着きます

ので札幌の方も是非お越しください。

 

では埼玉でお待ちしております!

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
画像CAPTCHA
画像内に表示されている文字列を入力してください。