メインコンテンツに移動
つれづれ
サンサンいわて

こんにちは。盛南のいがわです*

 

33市町村からなる岩手県は、日本の都道府県としては、北海道に次いで2番目に広い面積を持っています。県の人口はおよそ125万人、うち7割は内陸部の北上盆地に集中している。盆地と海岸部以外は山地や丘陵地が多いので、可住地面積の割合は全国40位。(参考文献:Wikipedia)

ということで、緑豊かな県です。

周りが立派な山だらけで、私の知っていた山は山じゃなく丘だったのでは。。。と思うほど。

 

 

そんな岩手県、いろいろな方が教室を利用してくださっています!

 

””

 

これ、なーんだ!

 

つれづれ
朝ドラ・・・

北海道の冬なんてこんなもんです。

半日で雪40cm・・・さすがにありえん

先日は、発寒陶房に居りまして教室が終わって車に戻ったら

車の上に雪が積もりすぎて、リーゼント状態に!

横浜銀蠅もビックリでございます。

どうもナカジマです。

最近、教室内でもN〇Kの朝ドラの話題が良く出ます。

そんな中でこんな質問をいただきました。

質問. 窯炊きって何日焼くんですか?主人公の判断は正解ですか?

お答え.何日焼かなければいけないということはありませんが、あまり急激な温度上昇は良くありません

     なぜかというと、低温時の急激な温度上昇は作品の割れを起こしたり

     窯の中の温度ムラを大きくしたりします。温度ムラが大きいと高温時の温度上昇に影響してきます。

     一回目の失敗は、この時間帯を急いでしまったことが原因かと思われます。(窯のつめ方にも問題アリだけど)

     9月の登り窯の話になりますが、1日から2日ぐらいかけて400℃前後までゆっくりゆっくりあげていきます

クレイスペースの色々
もうすぐ雪まつり

こんにちは しまです

今年初の土鍋が焼き上がりましたー!

鍋01

鍋に限らず、オーブン用のお皿等色々出来る鍋土。

冬に活躍間違いなしですね

鍋02

さて生徒作品もいくつか

ねずみ

つれづれ
新年早々

こんちは。おおいしです。

今年になってからも色々なことがあって頭の整理がつかないここ最近の世の中ですが

皆さんいかがお過ごしですか?

あまり情報に振り回されずに生活していきたいもんです。

それにはやきものを作るていうのはややこしい生活をリセットする良い時間だと思うのですよ。

だから休んでいる人は教室に来ましょう!新しい人も来ましょう!

 

さて教室ではこんなのも作れますよ。

 

きたろう

き〇ろうのカップ

いやー使える・使えないとかそういうことは抜きにしてもお釣り出るくらい

楽しい器ですね。自分で作る、という魅力がフルに活かされてるですね。

つれづれ
石膏型作りのワークショップやります!

こんにちは

今回の冬は暖冬で通勤しやすい日が多かったですが、ここ数日はようやく冬らしいお天気となってきましたね。

道が乾いたり、ツルツルだったりと、気が抜けない道路模様ですがくれぐれも足元にお気をつけて、お過ごしくださいね^^

 

タイトルの通り、厚別陶房では今年初の試みで、教室の石膏型を作るためのワークショップを今週企画しております。21日の火曜日と明日25日の午前中に開催します☆

ちなみに、火曜日のワークショップでは、こんな型が新たにできましたよ!

かた

しのぎ風の模様がついたもの、ピシッとしたものや丸っぽい四角の型などが人気でした。

しのぎの器は人気ですが、型を使えば気軽に作れますね。

四角も4辺の長さのバランスや、角を作るのが難しいので、これも型があるととっても便利です

 

つれづれ
雪景色

やっと札幌も冬景色となりました。

お久しぶりです。風邪など引いていませんか?

今日は久しぶりに雪の積もった札幌の様子をお届けいたします。

視覚障碍者の方のために

  大通公園の様子です。この奥では雪まつりに向けての準備が始まっています。

  雪が積もってよかった!!