メインコンテンツに移動
つれづれ
夏が過ぎ風あざみ

ごきげんよう、若山です。

この時期になるとラジオで「少年時代」や「夏の終わりのハーモニー」

とかがかかるではないですか。あれを聞くと、ああ本当に終わってしまう

んだなあ、とすごく侘しい気持ちになるものです。

さて皆様におかれましては今年の夏を満喫できましたでしょうか?

満喫できた方もできなかった方もまぁそれはさておき、

来たる秋に期待することといたしましょう!

 

秋といえば登り窯ですが、子供陶芸教室では毎年びえいで

開催される子供陶芸展が秋の一大イベントです!

もう制作はほぼ終わっていますがそちらの作品は審査前なので

まだご紹介できませんが、少し前に市民ギャラリーで開催された

文団協フェスティバルに出展した作品を一部ご紹介いたします!

まずはこちら!陶芸歴2年の男の子の作品です。

クレイスペースの色々
夏のおもいで。

こんにちは しまです

9月になり風も秋らしくなってきました。

もう登り窯の時期なんだなーと気温が変わると感じますね。

今作っている方、もうすぐですよー!仕上げてしまいましょうね。

さて夏はあっという間だったのです。今年も出張で体験したり↓

出張講習

各教室でも夏休み体験で賑わったり

夏子作品

沢山出来ました^^

通っている小学生の生徒さんたちも自由研究にと張り切って作っていましたよ。

円山陶房のいろいろ
円山陶房9月カレンダー

円山9月カレンダーになります

ご参考にしてください

karennda

ギャラリーレポート
下沢敏也 陶展

皆さんこんにちはけんきちです。

9月に入り、暦の上では秋ですが関東ではまだバカみたいに暑いがありますので油断できません。

 

昨日は本日より新宿柿傳ギャラリーにて開催されております「下沢敏也 陶展」の

搬入作業のお手伝いに行って参りました。

新宿駅から徒歩1分という場所にありながら、ギャラリースペースは地下2階のため都会の喧騒から

離れたような静かな空間のギャラリーです。

今回は茶器や懐石の器を中心に、迫力のある立体のオブジェや平面作品も展示。

落ち着いた空間に織部や粉引、罅裂紋など多彩な器が並びます。ぜひ足をお運びください。

””

つれづれ
来たる秋!

こんにちは、佐藤です。

もう九月です。歩いてる時に木をよくよくみると少し色つき始めている部分もありました。

慌ただしいように思いますがあっという間に秋になりますね~!

秋と言えば食欲の秋です。

最近量は食べられませんが美味しい物は逃したくありません(笑)

ではここで最近の帯広の様子をどうぞ~

1

「傘立て」

ここ最近の作品の中でもひときわ大きい作品です!

良い感じの所を写真に収めさせてもらいました。

ココから更にくりぬいて柄も入れていくようです!

 

そしてお次は、とても仲の良いお2人です。

つれづれ
ブライダル

こんちは。おおいしです。

ブライダルコースで来てくれる体験の方もちょくちょくいるのですが、

最近目にするのが皿に手形をつけて両親にプレゼント、というパターン

手形

うま

このご夫婦のお父さん?は馬に関わりがあるらしくて(少し前で忘れてしまった・・・。失礼しました。)

そのまま馬の形にしたプレートに手形を押しました。

 

このご夫婦は二人の手形を・・・。